2018/05/07

毎月の生理が憂鬱な方必見!薬に頼らず生理痛を和らげる方法

毎月やってくる生理、女性の体のめぐり上とても大切な物ではありますが毎回生理痛に悩まされるのも辛いものがありますよね。

生理中の前半だけ生理痛が酷い人、全日程で生理痛が起きる人、症状には個人差がありますが、毎月必ず生理痛に悩まされている方が大勢います。

中にはあまりに強い生理痛で何も手につかないと言う女性もいるので、生理痛って軽視できません。

生理痛が強い日には殆どの女性が、痛み止めのお薬を服用していると思いますが
痛み止めもあまり飲み過ぎてしまうと体に良くないし、服用すると頭がぼーっとしてしまう事もありますよね。

だからこそ出来れば薬に頼らず、生理痛を和らげられたら嬉しいですよね。
今回はそんな女性必見!の情報をお伝えします。
生理痛を和らげる方法、実は色々とあるんです。
簡単な方法で生理痛を和らげる事が出来るので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

 

骨盤回りを温めて生理痛を和らげる、骨盤回しエクササイズ

生理痛はプロスタグランディンというホルモンが子宮の収縮を促す為に起こる痛みです。
子宮内膜から分泌されるこのホルモンは、身体が冷えていると
過剰に分泌されてしまうので、下腹部痛が増してしまうのです。

生理中や生理前後は骨盤回りを温めることで、プロスタグランディンの過剰分泌を防ぎ、痛みを軽減することが出来ますよ。

骨盤回しエクササイズは、簡単に骨盤周辺を温めることが出来ます。
ゆっくりとした動きなので生理中でも無理なく行えますよ。

脚を肩幅程度に開き、腰に手を当てて真っ直ぐ立ちます。
腰だけを動かすように意識して、右に10回、左に10回と腰を回します。
左右10回ずつが1セットで5セット程行いましょう。

骨盤の内側の血流が良くなるので、プロスタグランディンの過剰分泌を防ぎ骨盤内も温まるので痛みを緩和できます。

 

体の内側を温める食べ物で生理痛を和らげる

先ほどもお伝えしたように、身体が冷えている事で生理痛は悪化してしまいます。
生理中は体を温めることを常に意識して、食事も体が温まる食材を口にするなど工夫をしてみましょう。

体を温める食材は、かぼちゃ・人参・小松菜・ブロッコリーなどの緑黄色野菜や生姜・唐辛子・長ネギなど沢山あります。
かぼちゃやニンジンを入れたスープやシチューもおすすめです。

ビタミンB6とEは痛みを和らげる効果があります。
レバーやマグロ、たらこ、明太子、卵、落花生などに多く含まれています。

フルーツでは、グレープフルーツやさくらんぼが身体を温める効果があり、
イチゴやブルーベリーなどのベリー系が痛みを緩和します。

 

痛みを和らげるツボで生理痛を和らげる

生理痛で辛い時には、ツボ押しも効果的です。
痛みに効くツボや子宮に作用するツボをご紹介しますね。

 

鎮痛効果のある「三陰交」

三陰交はくるぶしから指4本分上の位置にあります。
親指で少し強く痕が残るぐらいの強さで、数回ツボ押ししましょう。

 

子宮に作用する「反射区」

反射区は踵の内側のくぼんでいる部分にあるツボです。
子宮の働きを正し、活性化するので生理痛にも効果的なツボです。
親指で指圧します。

 

お腹にあるツボ「気海」「関元」「中極」「帰来」

気海=おへそから指約2本下の位置
関元=おへそから指約4本下の位置
中極=恥骨から親指1本分上の位置
帰来=中極を中心に、左右に指3本分離れた位置

4つのツボを指圧するか、5~10分程度温める事で生理痛が和らぎます。

 

生理痛には、とにかく冷え防止

生理痛の緩和には、とにかく体を冷やさず温める事が大切です。
食べ物・ツボ押し・半身浴や足湯などで体を温めるように努めましょう。