2018/02/22

長時間のデスクワークで疲れ目のOL向け★ドライアイ対策

皆さん、「乾燥」と言うワードを聞いいたら何を思い浮かべますか?
女性だったら「肌の乾燥」「髪の乾燥」など美容に関する内容を思い浮かべるのではないでしょうか?

肌や髪の乾燥も女性にとっては一大事ですが、もうひとつとても重要なことを忘れていませんか。

それは「目の乾燥=ドライアイ」。

 

こんな症状を頻繁に感じた事はありませんか?

  • 視力が悪くなったわけでも無いのに、何だか目が疲れる
  • 夕方になると目がゴロゴロ(異物感)として不快に感じる
  • 日中でも目がシュパシュパと染みる感覚がある
  • いつも薄っすらと充血している

実はこれ、ドライアイの症状なんです。

このような症状が頻発するならドライアイの可能性が高いです。

 

ドライアイは涙の機能不全が原因で、乾燥したり疲れ目になったり様々な目の不快感を引き起こし、目の角膜に傷を作ったり
視力へのトラブルも起こしてしまうので軽視するのは危険です。

 

このドライアイの症状は、長時間のデスクワークで目を酷使している人に多く見られます。
最近目が疲れると感じているなら、早めにドライアイの対策をして置くのがおすすめです。

既に症状を感じているなら、まずは症状を悪化させない事が大切です。
日頃から意識して自分でできるドライアイ対策を行ってみましょう。
今回は、自分でできるドライアイ対策をご紹介します。

異物感を感じたら防腐剤が少なめの目薬を

ドライアイの典型的な症状は目の異物感です。
何かゴミが入っているようなゴロゴロした感じや、シバシバと乾いた感じですね。
この症状を感じたら、まずは目に潤いを与えてあげる事が必要になってきます。

自力での涙の分泌が少ない、涙が蒸発しやすいもしくは涙の質が悪くなっているのがドライアイの原因です。
乾きや異物感を感じたら小まめに目薬をさして潤いを与えてあげましょう。

 

特にパソコンを使用した長時間のデスクワークでは瞬きの回数も減ってしまうので、余計に目が乾きやすくドライアイの症状を進行させてしまう事があります。

 

ドライアイ改善のための目薬は、できる限り防腐剤の含有量が少ない物を選んで使用するのがおすすめです。
どの製品が良いのか迷ったら、ドラッグストアに常駐している薬剤師さんに質問してみる、それでも改善が見られなければ眼科の受診をして点眼薬を処方してもらいましょう。

 

蒸しタオルやアイマスクで温める

ドライアイの対策として、蒸しタオルやホットアイマスクを利用して目を温めるのも、おすすめです。
簡単にできるホームケアとして、毎日の日課にしてみましょう。

 

ドライアイの原因については先ほど少し紹介しましたが涙の質が悪くなってると言うのは、涙の成分の

  • 水分
  • 油分
  • タンパク質

の中のどれかが供給不足になっている状態です。

 

特に、油分とタンパク質が不足した涙の場合は蒸発しやすい状態の涙になるので、目が乾燥してしまう事になります。

そこで、蒸しタオルやホットアイマスクを使って目元をゆっくりと温めるのがドライアイの症状緩和に有効なんです。

 

目を温めたら、余計に乾燥しない?と不安になるかも知れませんが
目元を温める事で、マイボーム腺(瞼板腺・けんばんせん)と言う涙の中の油分を供給する腺の詰まりを改善できます。

長時間のデスクワークで目を酷使してしまったら、毎晩のケアでドライアイの緩和をしていきましょう。

 

瞬き&小まめなケアで乾きを緩和を意識

意識して瞬きをして涙を促すことも効果的と言われています。
少しだけ長めに不快瞬きを5~10回ほど繰り返してみて下さいね。

目薬を一日に数回、帰宅後はホームケアといったセルフケアを毎日行いドライアイの症状が悪化しないように心掛けていきましょう。