2018/03/12

妊活中の女性が気をつけたい間違った生活習慣

赤ちゃんが欲しい、結婚をした女性の殆どがそう感じるのではないでしょうか。

直ぐに子供を授かる人、そうではない人、または時期を選んで子作りをしたい人様々だと思います。

ただ、赤ちゃんが欲しいと思ったら妊活に入るのは皆おなじです。
この時期に気を付けたい事って沢山ありますが、中には間違った生活習慣をしてしまう女性もいるのです。

せっかくの妊活ですから、正しい方法でストレスなく続けて良い結果をもたらしたいですよね。
その為にも、妊活中の間違った生活習慣をしていないかチェックしてみませんか。

 

運動を止めてしまうのは逆効果

妊活に入ると、早く結果を出す為に万全の体質を作ろうという想いから
これまで楽しんでいたスポーツや運動を止めてしまう女性が沢山います。
妊活中の体に負担をかけない事を意識しての行動なのだそうですが、運動は妊活にもある程度必要なんです。

 

運動をすることで血流が上がります。
実は妊活に一番必要、ともいえるのが血流UPです。
血流が上がることで冷え性が改善できたり、卵巣や子宮に必要な物質を効率よく供給できるなど、妊娠力のアップに繋がるんです。

という訳で、妊活中であっても適度な運動は必要です。
体を酷使しない程度の有酸素運動であれば問題はないと言われています。

妊活中には、水泳やヨガ、ウォーキングがおすすめの運動としてあげられますね。
ここで、もうひとつ間違った習慣として注意したいのが水泳です。
水泳をする時には、温水のプールに入るようにして体を冷やさないように気を付けてみましょう。

 

ストイックすぎる制限も逆効果

赤ちゃんが欲しいと思って頑張っている妊活中、早く結果を出したいからと
自分で気が付かないうちにストイックすぎる考えや制限を持ってっしまう事があります。

○○はダメ、○○もダメ、こっちの方が妊活に効果的だから、といった考えを持つのは自然なことですが
余りにも制限だらけになってしまうと逆効果になってしまいます。

自分がストイックすぎるのかどうかを判断するのは難しい事ですが、一つの目安として妊活中の努力がストレスになっていないかを再認識してみましょう。

ストレスを感じているようであれば、少しだけ制限を緩めてみましょう。
ストレスは妊活の最大の敵です。頑張るあまりに自分を苦しめないようにしてくださいね。

 

妊活中のお茶が逆効果なことも

妊活中にはコーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物を避けるようになりますよね。
カフェインを避けて妊活に向いている飲み物をとるようになるのは良いのですが、情報に流され過ぎてしまうのも良くありません。

例えば、豆乳は女性ホルモンに良いとされていますが体質に合う合わないもあって
中には妊活中に豆乳を飲んでいたら生理が止まってしまって、飲むのを止めたら生理が復活したという事例もあります。

何でも「絶対に」というのではなく、自分の体質に合っているのかどうかも考慮しましょう。

また、妊活に向いていると言われるハーブティーも種類によっては逆効果になってしまう物もあるので、成分をしっかりと確認をしてから飲むようにしましょう。
出来ればハーブティー専門店で相談をして購入すると良いですね。

 

気持ちに余裕をもって妊活しましょう

妊活中に特に必要な事は、気持ちに余裕をもつこと。
焦ったり必死になってしまいがちですが、気持ちに余裕を持つことを忘れないようにしましょう。

気持ちの持ち方って、何に関してもとても大切です。

生活習慣に制限を掛け過ぎて、ストレスを感じてしまっては逆効果です。
妊活中こそ、自分にも旦那さんにも、気持ちに余裕をもって接してみませんか。