2018/01/27

憧れのマシュマロ肌に!インスタ映えする美肌を作るコツ

肌の明るさやシミ、そばかす、ニキビ跡など肌の悩みやコンプレックスは誰にでもありますよね。

女性の目標とする美肌というのは、きめ細かいふんわりとした質感をもつ「マシュマロ肌」ですよね。

でも、コンプレックスを隠しながら素肌感のある美肌を作るのって難しい!
と感じている女性も多いのでは?

最近はSNSも定着していて、不特定多数の人に自分の顔を見せることも多くなっています。

そのため、より肌をキレイに見せるためのアプリもありますよね。
でも、正直毎回アプリで肌補正するのも面倒…なんて思ったり。

インスタ映えなんて言葉も定着したこの頃ですが、アプリなしでインスタ映えする美肌を作るコツがあったら、知りたいと思いませんか?

今回は女性の憧れでもある「インスタ映えするマシュマロ美肌」の作り方をご紹介します。

 

美肌には、とにかく丁寧なスキンケア

美肌を作る方法に欠かせないのは、やはり丁寧なスキンケア

クレンジングは丁寧に肌に負担をかけずに行い、後の化粧水などを角質層の奥まで届けます。

 

スチーマーや蒸しタオルといったひと手間を加えるだけでも化粧水や保湿成分の浸透は格段に上がります。
またパッティングしながら化粧水を肌に与えることで、肌の奥に有効成分が浸透しやすくなり、顔の血行改善にもなります。

 

乳液や導入液なども時間を惜しまずゆっくりと浸透させます。
角質層まで水分が行き届くと、キメが整い肌色も明るくなりますよ。

顔の産毛剃りもやってみましょう。
産毛が無くなるだけでも肌色がグッと明るく感じます。

 

マシュマロ肌を作るメイク方法

スキンケアで肌を充分に保湿したら、いよいよメイク。
憧れのマシュマロ肌になるメイク方法を実践してみましょう。

 

コントロールカラーを使う

マシュマロ肌に必要なのは、ベースメイクです。
コントロールカラーを使用して、元の肌の色味を調整しましょう。

マシュマロ肌になるには「パープル系のコントロールカラー」がおすすめ。
パープルはブルーの透明感とピンクの血色感を併せ持った万能カラーで肌の黄味やくすみをカバーします。

 

薄着きのBBクリームでベース作り

肌に悩みがあるとどうしてもカバー力の高いファンデを使いたくなりますがマシュマロ美肌には薄着きのBBクリームがおすすめです。

ブラシで肌に伸ばすと素肌感のある仕上がりになり、スポンジで馴染ませると少しカバー力を持った仕上りになります。

クマやニキビ跡などが気になる場合は、ここでコンシーラーを使用して気になる色むらを補正します。
薄っすらとした色むらならば、BBクリームを部分的に重ねるだけでもOKです。

 

部分的に艶感をプラス

BBクリームを全体に伸ばしたら、部分的に艶をプラスしましょう。
Tゾーン、目の横から頬骨上までのCゾーンに艶を加えると、顔に立体感が出るし、明るさも感じられます。
多少の色むらもこの艶でカバー出来てしまいます。

 

ルースパウダーで顔全体にヴェールを

いよいよベースメイクの仕上げです。
BBクリームを伸ばした肌に、ルースパウダーをのせましょう。

大き目のメイクブラシにパウダーを含ませ、薄いヴェールをかけます。
きめ細かく自然な色合いのパウダーを選びましょう。

仕上げにパウダーをのせることで、皮脂対策・メイク崩れ対策にもなり何よりもふんわりとした素肌感を演出する事ができます。

 

コツを掴めば簡単!マシュマロ美肌

自然な艶とふんわりとした質感の肌を作れば肌補正アプリなしでインスタ映えするマシュマロ美肌の完成です。

コツを掴めば簡単にマシュマロ美肌を演出でちゃいます。
あなたも思わず触れてみたくなる美肌になってみませんか。