2018/04/07

薄着の季節が来る前にケアしておきたい「カサカサひじ」

皆さん、薄着になる準備は整っていますか?
薄着の季節というと、半そでやノースリーブで腕を出し始めますよね。
その準備として、除毛や二の腕のケアなどをしますが「カサカサひじのケア」は完璧でしょうか?

薄着の季節の前のケアって、二の腕のシェイプアップなどに気を取られがちで意外と忘れているのがひじのケアです。
そういえば、ひじのケアって気にしてなかったな…という方もいるのではないでしょうか。

せっかく二の腕がほっそりしていても、素敵な洋服を着ていても
ひじがカサカサと白くなっていたら、魅力も半減してしまいますよね。

ひじって自分では確認しにくい部分なので、ついつい乾燥や黒ずみを
見落としがちになってしまうので、気付いたらひじがカサカサだった!なんて事も。

そんな事がないように今年こそ、薄着の季節が来る前にカサカサひじのケアを始めておきましょう!

 

カサカサひじのケア方法

カサカサで白くなってしまったひじのケア、まずは角質を除去することが先決になります。
入浴時に優しく角質を除去しましょう。

保湿が先じゃないの?とも思いますが、乾燥してぶ厚くなってしまったひじの皮膚は
角質を除去してからでないと保湿はできません。

 

スクラブを使って角質除去

湯船にゆっくりと使って、肘の皮膚をふやかしてからスクラブを使って優しく円を描くようにマッサージしてみましょう。
1日でツルツルにはならないので、2~3日置きに1~2週間続けてみましょう。
その後も、ツルツルひじを維持するために週に1回はスクラブを使用していきましょう。

 

肌が弱い女性には「こんにゃくスポンジ」もおすすめ

スクラブが苦手な方は、ドラッグストアなどで購入できる「こんにゃくスポンジ」がおすすめです。
こんにゃくスポンジはソフトな肌さわりで、優しく角質を除去する効果があります。
水分を含ませてから、優しくクルクルと円を描くようにひじを擦ればOKです。
刺激が少ないので、毎日使用しても大丈夫ですよ。
擦る時は1分~2分ほどにしておきましょう。

 

お風呂上りにはボディーローションや化粧水を塗って、更にオイルや乳液を重ねてあげると
角質が軟らかくなり、角質除去のスピードを早めることに繋がります。

 

時短スペシャルケアもしてみよう

カサカサのひじに気づいてしまって、とにかく早く改善したい!と思ったら
入浴時のケアにプラスしてカサカサ改善効果を早める時短ケアもしてみましょう。

時短スペシャルケアの方法はとても簡単です。
就寝前にひじにワセリンを塗りこみ就寝するだけでOKです!
ワセリンがパジャマについてしまうのが気になる…という方は
100円均一でも購入できる、ひじ用のサポーターなどを装着してみて下さい。
一晩かけてワセリンが染み込んでいくので、よく朝には白くカサついたひじが改善されます。

朝には乳液を塗ってから出かければ、更なる乾燥を防ぐことができます。

 

 

ひじの乾燥を防ぐためのポイント

 

ひじは体の各部位の中でも皮下脂肪が無く、極端に皮脂腺が少ない部位です。
それだけに乾燥しやすく、カサつきや擦れによる黒ずみが出やすくなってしまうんです。
そしてある意味、年齢肌が出やすい部位とも言えます。

ひじの乾燥を放っておくと、どんどん皮膚が硬く分厚くなって
ひじを伸ばした時に硬い盛り上がりが出来るようになってしまいます。
そうなってしまってからでは元の状態に戻すのは至難の業です。

毎日の保湿ケアを忘れずに行なうと共に、ひじを付く癖なども意識して改善する事で
カサつきも、皮膚の黒ずみも随分と予防することが出来ますよ。

ツルっとした綺麗なひじになって薄着の季節を迎えましょう!