2018/04/10

アラサーになって治りにくくなったと感じる「大人ニキビ」の対処法

大人になった今、ニキビに悩まされるなんて…そんな悩みを抱えていませんか?

 

ニキビと言うと、思春期の頃というイメージがありますが
それから何年か経過したのち、アラサーになってから再びニキビに悩まされている女性が沢山いらっしゃいます。

大人ニキビと言われる成人してからのニキビは、アラサーともなると
「治らない・治りにくい・同じ場所に何度もできる」といった根の深い肌荒れ症状となって行きます。

繰り返す、治りにくくなったと感じる大人ニキビには
思春期の頃のニキビとは違った原因と対処法があるって知っていましたか?
原因と対策を知って、大人ニキビが出来るのを防止してできてしまったニキビも早く治せるようにしていきましょう。

今回は、沢山の女性が悩んでいる、大人ニキビの対処法についてご紹介していきます。

 

大人ニキビが治りにくい原因

大人ニキビが同じような場所に何度もできたり、治りにくいのは何故かについてチェックしていきましょう。

大人ニキビの原因は、思春期ニキビとは違った原因があります。

  • 肌の乾燥
  • 角質の蓄積
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 紫外線
  • メイク
  • 便秘栄養の偏り

これらの全てが複雑に重なり合って、大人ニキビ尾原因になっているんです。

思春期にはほとんどしなかったメイクも、社会人となればほぼ毎日するし
忙しい毎日でどうしてもバランスの良い食生活が送れなくなることもあります。
学生の頃に比べて自分の時間が無くなって、運動も毎日はできなくなるし社会人になればそれなりに何かしらのストレスを抱えます。

こうして挙げた原因、恐らく多くの女性が自分の生活を振り返ると心当たりがあるのではないでしょうか。

そして年齢的にもアラサーとなると新陳代謝も落ちてくるので、
古い角質が落ち切らずに蓄積し毛穴を塞いでしまい、ニキビの発生が起こります。
肌が乾燥していれば、皮脂が過剰分泌され、洗顔で取り切れなかった皮脂は毛穴に詰まったまま、ニキビの原因になります。

 

アラサーからの大人ニキビ対処法

年齢的に基礎代謝が落ちてくる時期だけに、日常生活でのストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れることも大人ニキビの原因になります。
やはり大人ニキビの対処法は予防から行う事が大切です。

  • 睡眠は一定の時間帯に、できるだけ質の良い眠りに
  • 食生活もできるだけ正して胃腸の負担を無くす
    (大豆製品やビタミンB6、ビタミンEを含む食品を心掛けましょう)
  • 適度な運動をして便秘を改善
  • 休日には薄化粧にして肌を休ませる

スキンケアは特に気を遣い、しっかりと保湿を徹底しましょう。
肌が潤うとターンオーバーもしやすくなり、皮脂の過剰分泌も防ぎます。

体を冷やさないようにする事もかなり重要です。
体が冷えると自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。
足元や腰を温めたり、夏でも冷たい飲み物ばかり摂らず常温や温かい物を飲みましょう。

 

Uゾーンに痕が残らないよう注意して

大人ニキビの殆どは、顎周りのUゾーンに繰り返し出現します。
何度も繰り返すと色素沈着してしまって痕が残ってしまうことも。
痕を残さないためにも、生活スタイルの改善や食生活の改善、肌の保湿を徹底してみましょう。

肌の保湿には紫外線対策も含まれています。
紫外線に当たった肌は乾燥してターンオーバーを遅らせてしまいます。
日中の紫外線対策も忘れずに行いましょう。

残ってしまったニキビ跡には、ピンポイントの美白製品を使ってケアしたり美容皮膚科でピーリングも効果的です。

ニキビの症状が酷いと思ったら、迷わずに皮膚科を受診しましょう。
掛かり付けの皮膚科をもつのもおすすめです。