2018/04/14

落ちにくい背中のお肉を落としてすっきりさせるマッサージ法

自分の後ろ姿に自信がある!という女性はどのくらい居るでしょうか。

ちょっと油断しているだけで、背中には贅肉がついてしまいます。
下着をつけたら、脇下や下着のラインに段差ができていませんか?
それ、『ハミ肉』と言われる、背中の贅肉です。

背中のハミ肉って厚着の季節は隠せても、
春夏の薄着の季節には隠し通す事はできませんよね…。
ハミ肉があるだけで、私の下着のラインはココです!脂肪がついています!と勝手に背中の贅肉が主張をしてしまいます。
それだけでなく、後ろ姿が老けて見えてしまうので女性にとっては本当に嫌な贅肉です。

いつの間にかついてしまった背中の贅肉は毎日5分の努力で落とすことができます!

薄着の季節を迎える前に、スッキリした背中を目指してみませんか?

 

体を洗いながらタオルマッサージ

毎日の入浴時は、体を洗いながら背中の贅肉落としのチャンスです。

ボディタオルを1枚用意しましょう。
このタオルで体を普段通りに洗いながら、背中やせマッサージをします。
タオルを伸ばし、右肩から左脇にタオルを跨がせたら、背中の肉にめり込ませ贅肉を分解するイメージで
肩甲骨の間から脇腹までタオルでマッサージします。

この時のポイントは、左右の手で掴んだタオルを交互に引い手マッサージしますが
常に両手ともタオルを引っ張るように力を入れて行うことです。
タオルを動かす時に負荷がかかり、タオルが贅肉にグッとめり込むようになります。

肩甲骨から脇腹までを角度を変えながら、何度もタオルを往復させて贅肉をマッサージしましょう。
贅肉は固まってしまう前にほぐしておくと落としやすくなります。

 

自分でできる肩甲骨マッサージ

背中のマッサージと言うと誰かにやって貰わないと難しいのでは?
と思いがちですが、自分の手を使って背中のぜい肉を解すこともできますよ。
湯船につかりながらでも、お風呂上りでも、空き時間にでもOKなので
毎日肩甲骨を刺激して血行を促進して、老廃物を排出させてしまいましょう!

両手を背中に当てます。
この時、親指が下に向くようにして親指以外の4本指を使います。
右手は右の肩甲骨、左手は左の肩甲骨に当ててみましょう。
届く範囲で大丈夫ですよ。

少し力を入れながら、4本の指と手のひらを使って肩甲骨から腰までマッサージをしながら5往復します。

次は、左右の親指を肩甲骨に当てて線を描くようにマッサージしながら腰までスライドしていきましょう。
イタ気持ち良いぐらいの力加減がおすすめです。

 

背中のぜい肉防止には正しい姿勢が最も効果的

背中の肉がついてしまう原因は、猫背が最大の要因です。
猫背になる事で背中の筋肉が使われなくなり、肉が蓄積されていきます。
背筋を鍛えて常に正しい姿勢を意識する生活をして、猫背を改善することを最優先しましょう。

デスクワークや子育て中の方は猫背気味になり、肩甲骨が固まってしまうことも多いので
空き時間にストレッチをするなどして、肩甲骨を常に柔らかく維持することが肝心です。
両手を肩に置いて肘を大きく回すだけでも、肩甲骨のストレッチができますよ。

またサイズの合っていない下着やノンワイヤーの下着は、胸が脇に流れやすくなり
その内に脇下から背中の肉へ変化してしまいます。
数カ月に一回はサイズの測定をして、自分に合ったワイヤー入りの下着をつけるようにしましょう。

背中の肉に気が付くと、太ったからとダイエットをする女性がとても多いのですが
まずは姿勢の改善と肩甲骨周りをほぐすこと、そして下着にも気を向けてみましょう。
ダイエットはそれから、負担が少なく無理のない方法で始めましょうね。