2018/04/11

加齢とともにたるみがちな「二重あご」を解消してすっきり美人になる方法

鏡に映る自分の顔に何となく違和感を感じたことってありませんか。
例えば、顔全体のイメージが以前とはちょっと違う…とか
そんな風に感じた時は、あごのラインを確認してみて下さい。
疲れているとか、太ったとか、そうした理由がないのに今まで見慣れていた自分の顔とちょっと違って見える場合、
あごのラインがたるんできている可能性が高いです!

 

加齢と共に顔の筋肉や肌のハリが衰えていくのは分かっていて
スキンケアをしっかりと行っている方でも、意外と見落としがちなのがあごのケアです。

ある時気がついたら、顎の下がタプッとしていたり
正面から見ると変化が無くても、横から鏡を見てみたら「え~~っ!?」なんてこともあるんですよ。

もしもあごのラインの弛みに気がついたら、たとえそれがほんの少しの弛みでも
その日から「二重あごの解消」に取り掛かりましょう!
あごのラインが弛んでしまうと、顔が長く見えてしまうのはもちろん
顔と首の境目が無くなってしまうので、実年齢よりもグッと老けて見えてしまうんです。

早めの二重あごケアで、今すぐ「あごすっきり美人」に戻しましょう!

 

二重あごは顔や首の筋肉が衰えた証拠です!

二重あごになってしまうのは、表情筋と首の筋肉の衰えが主な原因です。
特に、口の周辺の筋肉の衰えは二重あごに直結すると言えます。

同年代だけどフェイスラインがスッキリとした人って居ませんか?
このページを読んだら、ぜひその人を観察してみて下さい。
きっとその人は口を大きく開いて笑ったり、喋ったり、とにかく表情が豊かなはずです。

人の顔には約30種類もの表情筋がありますが、殆どの人はその内の3割程度の筋肉しか使っていないそうです。
フェイスラインがスッキリしている人は、自然に沢山の表情筋を使っているから衰えが遅いという事です。

とにかく普通に生活しているだけでは、よほど表情豊かな人でない限り二重あごになる危険はぬぐえないのです。

 

口周りの筋肉を鍛えるエクササイズ

二重あごを解消する・予防するためには、口周りの表情筋を鍛える必要があります。
大変そうに感じるかも知れませんが、1日にたった5分でもOKです!
2週間後には確実に、あごのラインに変化が現れてきますよ。

二重あごエクササイズ1

口を閉じた状態から、思いきり口を横に引っ張るように「い」の発音をします。
しっかりと口角を上げて、首の筋が盛り上がるのを意識してくださいね。
「い」の口元を5秒キープして、口を閉じます。
これを10回以上は繰り返しましょう。

二重あごエクササイズ2

顔を天井に向けて口を開き、舌を天井に向かって思い切り突き出します。
二重あごの奥の筋肉に刺激を感じる程度まで舌を突き出してください。
5~10秒キープします。
顔の向きは変えず、今度は体の前に向かって舌を思い切り伸ばします。
5~10秒キープします。
2つの動きを10回ずつ繰り返してみましょう。

 

スキンケア時のリンパマッサージも効果的

エクササイズの他にも、毎日のスキンケア時のリンパマッサージも二重あごにとても効果的です。
顔のむくみや筋肉のコリを解し、耳の下のリンパに流したら鎖骨を肩の方向に10回程度擦ってみましょう。

 

姿勢も正しましょう

姿勢の悪化も二重あごに直結してしまいます。
顎周りの筋力が低下して二重あごへと繋がってしまうんです。
姿勢を正すことで顎周りの筋力を戻しましょう。

 

日々の心がけで「あごすっきり美人」に

毎日のエクササイズと姿勢、マッサージを続けてみて下さい。
早い人なら1週間で効果を実感します。
今から、あごすっきり美人を目指して頑張ってみましょう。