2018/05/11

ピアスの穴が痒い?臭う?汗ばむ季節は要注意!ピアスホールのトラブル原因と対処法

耳元のおしゃれとしてピアスを楽しむ女性は大勢いますよね。
ピアスはイヤリングのように装着中に紛失してしまう心配も少なく
一度ピアスホールが安定してしまえば半永久的にピアスを楽しめるメリットもありますよね。

そんなピアスですが、ピアスホールの痒みやシコリ、ピアスを外した時に
白い塊がついていたり、臭いが気になった…と言う経験はありませんか?

こういったピアスホールのトラブルは実は沢山の女性が経験しています。
放置してしまうと化膿してしまったり、ピアスホールが不自然に塞がってしまったりする
更なるトラブルに繋がってしまうので、注意が必要です!

汗ばむ季節には大ぶりで涼し気な印象のピアスを楽しむ女性も多いですが
その楽しみも出来なくなってしまうかも知れません。

今回は気になるピアスホールのトラブルの原因と対処法方を合わせてご紹介しますので
トラブル防止のためにもチェックしてみて下さいね。

 

ピアスホールの痒みや臭いトラブルの原因

ピアスホールのトラブルは突如として起こります。
あれ?ピアスホールが痒い…とか、ピアスを外した後に臭うな…なんて事や
ピアスホールが赤く炎症を起こしてしまうことも。

こうしたトラブルの原因は、主に2つあるんです。
それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

汗や汚れ、垢がピアスホールに溜るため

ピアスホールには毎日の洗顔やシャンプー、トリートメントや汗、ホコリなどが微量に入り込みます。
しっかりと洗い流しているつもりでも、皮膚に細い穴をあけた状態のピアスホールを
綺麗に掃除する事ってなかなかしませんよね。
している事というと、サッと水分を拭き取る程度ではないでしょうか。

微量の汚れや汗が少量ずつ入り込むと、ピアスホールには白いカスのような塊が溜まっていきます。
これが臭いの発生源となって独特な臭いを発生させてしまいます。

 

金属アレルギーで痒みや化膿が起こるため

ピアスホールの痒みが強い場合や、赤く炎症を起こしている場合は
金属アレルギーを発症している可能性が高いので、
どの種類の金属のピアスをしていたか確認しておきましょう。

シルバー製のピアスを着けると痒くなるなど人によって反応する金属が違うので、
どの金属が合わないのかを知って置くことが重要
です。

黄色味を帯びた塊や液体が出るようなら、直ぐにピアスの使用を中止し
皮膚科などを受診して症状を改善してくださいね。

 

ピアスホールのトラブル対処はこの2つを実践で安心!

ピアスホールのトラブルを未然に防いで、汗ばむ季節でも
お気に入りのピアスを楽しめるようにしちゃいましょう!

 

定期的にピアスホールの掃除をしよう!

ピアスホールは週に一度程の頻度で、綺麗にしておきましょう。
エタノールを染み込ませたコットンで耳たぶの前後を拭き取っても良いですし
ピアスホール専用のお掃除グッズを活用するのもおすすめです。

ピアスホールのお掃除グッズは、歯間フロスのような糸を入れてお掃除できるので
一度の使用でかなりスッキリと掃除することができます。
汗ばむ季節には、垢や汗が溜まりやすくなるので週に一度は
ピアスホールを掃除してあげるようにしましょう。

 

アレルギー防止にはピアスホールコートで万全に!

アレルギーの予防としてピアスコートと言う製品を活用してみましょう。

ピアスのポストやキャッチ部分に透明の樹脂被膜を作り、金属アレルギーを防ぎます。
一つ用意して置くだけで金属の種類を選ばずにピアスを楽しむ事ができますよ。

サージカルステンレス製のピアスは、アレルギーが起こりにくいのでおすすめです。
汗ばむ季節も安心して、お気に入りのピアスを楽しみましょう!