2018/01/18

デスクワークのOLが仕事中でもこっそりできる足のむくみを取る方法

夕方になると足がズーンと重い、ジンジンするような鈍痛がするなど足のむくみの症状は誰しも経験がありますよね。
夕方には靴がきつくなって靴と当たる部分が痛くなったり朝履いてきたブーツのファスナーが上がらなかったり…そんな事態もありますよね。
ましてやその状態でヒールで歩くのは、かなり辛い物があります。

足がむくんでしまう原因は、血流が悪くなって、血液や余分な水分や老廃物を回収するリンパ液が下半身に溜まってしまうためです。

運動や歩行をしていると、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして血流を促進し足先の血液を心臓方向へ流してくれるのですが、立ち仕事など同じ姿勢をとり続けるお仕事をしている方は血流を促すポンプ作用が働きづらいので、むくみが出やすくなります。

 

中でも、特にむくみが強く出てしまうのがデスクワークです。

デスクワークの場合は、長時間に渡り座ってお仕事をするのでポンプの役割が殆ど使われず、足のむくみが強く出てしまいます。
夕方に足がパンパン!退社後に予定があるのに、お気に入りのパンプスが履けない…など、足のむくみはデスクワークの職業病と言っても過言ではありません。

だからといって、むくみを放置して置くわけには行きませんよね!
むくみを放置してしまうと、セルライトが溜まりやすくなって脚が太くなったり、冷え性になってしまったり…体にとっては悪循環ばかり。

寧ろ、足がむくみやすいデスクワークだからこそ、むくみ対策を強化しましょう!

予定のある退勤後にも、朝と同じようにスッキリとした軽い足で過ごしたい!
そう思ったなら、お仕事中にこっそりと足のむくみ対策をしてしまいませんか?

デスクワークのOLさんも、仕事中に周囲にバレずにこっそりできる足のむくみを取る方法をご紹介します!
こっそり実行して、今迄よりも軽くてスッキリした足になりましょう。

 

座りながらできる!デスクの下で足首廻し

オフィスの席の並びにもよりますが、デスクの下は死角になるのでこっそりと足のむくみ取りを実行できますよ。

 

足首廻し

椅子に座った状態で、片足を浮かせ出来るだけ膝を伸ばします。
浮かせている方の足首をゆっくりと30回、爪先で大きな円を描くように右に廻します。
次は左回しで30回、廻します。

足首を解すようなイメージで行いましょう。
むくみを取るための一番の方法は、血流を良くさせて水分や老廃物をリンパ液と一緒に循環し排出する事です。

デスクの下で靴を履いたままで出来る足首ストレッチは、膝を浮かせるので椅子に座って居ることで滞っていた血流を流しやすくする効果もありますよ。

 

足首フレックス

足首廻しが終わったら、今度は足首のフレックス運動をしましょう。足首を畳むようなイメージで行ないます。
出来れば膝を少し伸ばした状態で行いましょう。膝を伸ばすのが難しい場合は出来る範囲で膝を伸ばせばOKですよ。
片足を浮かせたら、甲を脛にくっつけるようなイメージで足首を曲げます。

ポイントは、爪先だけを反らせるのではなく、足全体、甲を脛に近づけるように反らせる事です。

5秒ほど足首を曲げた状態でキープしたら、ゆっくりと甲を戻し伸ばします。
片足5セット~10セットずつで、出来るだけ回数をこなします。
甲を畳んで引き上げる途中には、ふくらはぎの筋肉が使われ甲を引き上げ切った状態で、脛の筋肉に効いている感覚があるはずです。

あまり力を入れる必要はありませんが、脛やふくらはぎの筋肉に効いているか確認しながらフレックス運動をしてみましょう。

足首フレックスは、歩いている時と同じように筋肉を使いポンプ作用を起こすので血流が良くなり冷えも改善され、むくみにもとても効果的です。

 

ツボ押し・足三里を刺激する

むくみに効果的なツボとして有名なのが「足三里」です。

足三里は膝のお皿のすぐ下にある外側の窪みに人差し指を当て、指4本分の小指が当たる位置、一番くぼんでいる部分です。

位置が分かりにくい時は、脛の途中から膝に向かって脛骨に沿いながら指を滑らせてみて下さい。
指が突き当たる部分が足三里です。

親指か中指を使って少し強めに、イタ気持ちいい程度に刺激します。

 

ツボ押し・承山を刺激する

むくみに効果的なツボの2つ目が「承山」です。

承山は足の疲れやむくみに効くツボで、脚痩せの効果もあります。

つま先立ちをした状態でアキレス腱から指でふくらはぎの中心線を辿ると、腱と筋肉の変わり目の凹みに当たります。
その位置が承山です。

承山のツボは短めにグッと刺激し一度指を離し、次に5秒間押し続けます。
一秒押し・5秒押しを片足ずつ3回ほど繰り返すと、むくみに効果を発揮します。

デスクワーク中は、そう長い時間ツボを刺激する事は出来ないのでできれば就寝前にも承山を指圧するようにしましょう。
翌朝のむくみ残りが軽減され、血流が良くなり体温も上がるので熟睡しやすくなりますよ。

 

デスクワーク中のケアにプラスして自宅ケア&むくみの予防も!

今回ご紹介した「足のむくみを取る方法」は、デスクワーク中でも周囲に気付かれにくく、こっそりと実行可能なむくみ取り方法です。

更に、帰宅後の自宅ケアを追加すると翌朝のむくみも随分と減って楽になりますよ。

自宅でのケアは、むくみ取り靴下や足枕、入浴後のオイルマッサージも血行が良くなるのでとても効果があります。

簡単な方法が良い!という方には、ローラータイプの手持ちのマッサージ器具もおすすめです。
テレビやネットを観ながら、片手でコロコロしているだけでも気持ちが良いしむくみ改善になりますね。

それから、余分な水分や糖分の摂り過ぎも、むくみの原因になるので、ジュース類をなるべく控えたり、就寝3時間前からの水分を少し減らしてみるのもむくみ改善に効果的です。

むくみが辛くなる前に是非、デスクワーク中のこっそりむくみ取りを実行して、むくみにくい足へと改善していきましょう。