2018/05/20

もしかして巻き爪?食い込む爪の痛みをセルフケアで今すぐ緩和できる応急処置方法

靴を履いたら爪の1か所が圧迫されて痛い!という経験はありませんか?
新しい靴やサンダルで起こりがちな足のトラブルは靴ズレとは違った爪の痛みは
爪先の尖った靴や、ヒールのある靴を履く女性に特に多いと言われています。
靴のサイズや型が合っていないことで、足の指が圧迫されている痛みですが
この痛みは隠れ巻き爪の痛みだって知っていましたか?

隠れ巻き爪と言うのは「巻き爪予備軍」を表していて、そのまま放置してしまうと徐々に
爪が内側に湾曲していき、巻き爪へと進行してしまいます。

隠れ巻き爪の時点でも、爪の角や縁が皮膚や肉に食い込んでいるので
かなりの痛みを感じるのもそう遠い話ではありません。

痛みがあると歩き方にも影響が出て、膝や股関節にまで負担を掛けてしまう結果になる事もあるので
本来ならばこの時点で、自分に合った型とサイズの靴しか履かない、もしくは医療機関で治療を受けた方が
いいのですが、お仕事や色々な予定でそうも行かないことも多々ありますよね。

受診するまで、靴を変えるまで…とにかく今すぐ痛みを和らげたい!と言った時の応急処置的な対処法があります。
少しでも痛みを感じたことがある方は、この方法を覚えておくと外出先でも対応できるのでお試しください。

 

クリアファイルで爪が食い込む痛みを軽減できる!

とても意外ですが、クリアファイルの適度な硬さが巻き爪の応急処置にピッタリなんです。
巻き爪対処方法もとても簡単で、しかもすぐに効果を感じられるのでおすすめです。

クリアファイルはどんな色でも柄でも大きさでもOKです。
手持ちのクリアファイルを痛みのある爪の幅よりも左右に1㎜ずつ長めに
高さは爪の白い部分に治まる程度のギリギリにカットします。
(痛みのある爪に合わせたサイズで数枚カットして置くと便利です。)

カットしたクリアファイルを、痛みのある爪の先からそっと押し込みます。
この時左右ともに1㎜づつ余りが出るようにセットします。
余り部分がある事で、爪が食い込むのを防止できます。
クリアファイルは適度な弾力があるので、装着中に痛いという事もありません。

これだけで爪の食い込みが嘘のように楽になりますよ。

ズレやストッキングの伝線が心配な方は、1㎜のあまりの部分を覆うように医療用テープなどで固定してみて下さいね。

 

市販の巻き爪ケア製品を使う手も

直ぐに病院に行け応もない場合には、市販されている巻き爪矯正器具を使う事もできます。

ワイヤーバネを利用した矯正や、専用のテープを貼り付けて爪を浮かせるようにする矯正方法や
クリアファイルのように爪の間に挟んで痛みを緩和する製品など、巻き爪ケア製品は多数販売されています。

どうしても受診する時間が無い場合などは、利用してみても良いかもしれません。

 

巻き爪で悩まない為に、気をつけたい事

巻き爪予備軍はそのまま放置してしまえば、ほぼ確実に巻き爪へと進行していきます。
だからこそ巻き爪にならない様に気を付けておきたいですね。

巻き爪を予防する方法もチェックしておきましょう。

  1. 爪先を圧迫する靴はなるべく頻度を減らす
  2. 前傾に体重をかけた歩き方をしない
  3. 爪を短く切り過ぎず、爪先と同じ長さか+1㎜程度長くカット

例えば先細の靴で爪先が圧迫され、ヒールは前傾に体重がかかり爪の負担が高くなります。
歩行時に足指がきちんと広がる靴を選ぶようにしましょう。

爪切りの仕方も重要です。
短くし過ぎると皮膚に食い込み易いので、適度な長さを持たせて食い込みにくい形に整えます。

急な痛み、直ぐに受診できない場合にはご紹介した方法が有効です。
爪に痛みや違和感を感じたら早めに受診をしましょう。