2018/06/17

頬の毛穴が目立つ!原因は年齢肌?ダメージ肌?計5タイプを見分ける方法と毛穴対策

スキンケアはしっかりとしているつもりなのに、頬の毛穴が目立ってきた…
なんてお悩みのあなた、きっと毛穴引き締めのケアに力を入れていると思いますが
毛穴開きのケアは原因を特定して正しい方法で対処しないと効果がないって知っていますか?

頬の毛穴が開くとファンデーションが綺麗に肌にのらなくなったり
化粧くずれが目立ってしまったりと悩みを増やしてしまいます。
あなたの毛穴の開きがどのタイプかを知って、ピッタリの毛穴対策をしましょう。

毛穴の開きは5タイプに分かれる!特徴と見極め方

頬の毛穴の開きは、大きく分けると5タイプに分かれます。
それぞれのタイプの特徴と見極め方を見ていきましょう。

 

『たるみ毛穴』

肌の乾燥や老化が原因できめが乱れ、肌がたるみ、それと同時に
毛穴がたるんで目立ってしまった状態です。

毛穴の形が丸ではなく、雫型になっているのが特徴です。

たるみ毛穴かどうかを見極める方法があります。
鏡に自分の顔を映した状態で、頬の肌をこめかみの方に引き上げてみます。
引き上げた時に頬の毛穴が小さくなったり、消える場合はたるみ毛穴です。

 

『ダメージ毛穴』

肌が老化しているわけではなく、毛穴のトラブルが原因となっているタイプです。
ダメージ毛穴は更に4つのタイプに分けることができます。

ひとつ目は『オイリー毛穴』、過剰な皮脂により毛穴が広がっている状態です。
顔の皮脂が多くTゾーンがテカりやすかったり、毛穴が丸く空いていることが多くなります。

もうひとつは『ブツブツ毛穴』、毛穴に汚れが入り込んで開いてしまっている状態です。
このタイプは頬の毛穴の中に、黒やグレーっぽい角栓が確認できるはずです。
小鼻や鼻の頭に角栓ができやすい、肌がザラザラした感触、
顔全体のくすみが気になる人も多くなります。

もうひとつは『乾燥毛穴』、毛穴の縁にシワが寄っているタイプです。
乾燥によって毛穴が落ちくぼんでしまっているような状態で
洗顔中やお風呂上りなどの肌が濡れている時には、毛穴が目立ちにくい特徴があります。

もうひとつは『色素沈着毛穴』、ニキビなどの肌トラブルで
毛穴自体に色素沈着を起こしてしまっている状態になり
毛穴自体はそんなに開いていないのに毛穴が目立って見えるタイプです。

6タイプ別の毛穴ケア対策の方法

気になる頬の毛穴の対策は、それぞれのタイプに合ったケアが必要です。
毛穴タイプに合ったケア方法をチェックしていきましょう。

たるみ毛穴のケア

たるみ毛穴は、肌の弾力が無くなっていることを意味します。
真皮層のコラーゲンやエラスチンが不足して本来あるはずの肌の弾力が無くなっているので
肌の乾燥を防ぐケアと同時に、レチノールやビタミンC誘導体の入った化粧品を使用して
真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を助けるケアをしましょう。

オイリー毛穴のケア

体質的に油分が多く分泌されていることが多いオイリー毛穴では
食べ物の改善やしっかりとした睡眠が効果的と言われています。
収れん化粧水で毛穴をサラッと保つことも応急処置となります。

ブツブツ毛穴のケア

ブツブツ毛穴は、毛穴を綺麗に保つことが効果的です。
週に1回はスクラブなどで毛穴の詰りを除去しましょう。
蒸しタオルをして毛穴を開きたっぷりの泡で丁寧に洗顔するのも効果的です。
仕上げはしっかりと潤いを補給しましょう。

乾燥毛穴のケア

乾燥毛穴のケアはとにかく潤い補給が肝心です。
導入液をや効果の高い化粧水などを利用しても良いですね。
紫外線予防は保湿効果の高い日焼け止めを使用しましょう。

色素沈着毛穴のケア

色素沈着毛穴のケアは美白製品が有効です。
シミケア製品をスキンケアに取り入れ、紫外線予防も年中しっかりと行いましょう。