2018/06/19

アラフォー&アラフィフ必見!落ちくぼんできた瞼をふっくら若見せするアイメイク術

頬が垂れてきたり輪郭がたるんでくるアラフォーやアラフィフ世代。
若い頃と随分と顔の印象が変わってきちゃったな…なんて気になりますよね。

頬や輪郭の変化も年齢を感じさせるのですが、顔のパーツの中で最も年齢を感じさせてしまうのは
目元なのです。

そういわれると、最近は瞼のくぼみが目立ってきてかも…なんて女性も多いのでは?
瞼のくぼみは、彫が深く見えるメリットもありますが
年齢を重ねた肌やたるみと合わさると、疲れた印象の方が強く出てしまうのです。

いままでのメイクが合わなくなってきたな、とか
アイメイクをしてもドンヨリとした印象があるという女性は
落ちくぼんだ瞼を生き生きと見せる若見えアイメイクに切り替えていきましょう。

 

落ちくぼんだ瞼をスッキリ若々しく見せる方法

落ちくぼんで疲れた印象に見えてしまう瞼には、柔らかな印象のアイシャドウをのせて
瞼をフンワリ生き生きと見せるのがおすすめです。
でも、ただ単におすすめカラーのアイシャドウをのせてメイクをするだけでは
目元のくすみや顔全体のバランスと調和がとれずに浮いてしまう危険もあるので
『隠し技テク』をプラスして自然な若見えメイクを仕上げていきましょう。

 

瞼専用の下地でブライトアップ!

落ちくぼんだ瞼を若見せするには、瞼自体をふんわりと見せる必要がありますが
その前に、くすみもしっかりとカバーしておきましょう。
アイシャドウ前にプラスワンの隠し技として、瞼専用の下地を使い
落ちくぼんだ瞼を明るくブライトアップするのがおすすめです。
下地の色はオレンジやピンクがかったタイプを選び、瞼のくすみも同時に解消しましょう。

 

オレンジ+ブラウンのアイシャドウで優しくフンワリ系に

落ちくぼんで疲れた印象、きつい印象のする瞼には温かみのあるカラーをのせると
瞼がふんわりとした印象になり若々しいイメージを演出できます。
普段使いしやすいカラーとして、オレンジ+ブラウンのアイシャドウがおすすめです。

瞼の目尻寄りにブラウンのアイシャドウを伸ばし、その上からオレンジのアイシャドウを
アイホール全体(眼球の上の凹んだ部分まで)にふんわりとのせます。

目元に少し締りが欲しいと思ったら、最初のブラウンを目尻寄りに足しましょう。
ほんの少し足すだけでも、印象が変わるので鏡を見ながら慎重に足していきましょう。

涙袋にはオレンジを薄っすらとのせて、下瞼の目尻1/3にラインかブラウンシャドウを
ぼかして入れると、目元が適度に引き締まり奥行きも感じさせられるのでおすすめです。

何度か練習して、あなたにピッタリのシャドウの載せ具合を見つけてみて下さい。

 

アイラインは睫毛の隙間を埋めるようにのせる!

年齢を重ねていくと、どうしても疲れた印象になってしまう目元。
ぱっちりくっきりと見せようと、目頭から目尻までの全体にアイラインを引いていませんか?

じつはこれ、キツク見えてしまう原因です。
落ちくぼんだ瞼の印象をアイシャドウで和らげても、ラインできつい印象を足してしまうと
不自然な印象になるので、アイラインは睫毛の際、まつ毛の根元の隙間を埋めるように書いていきましょう。

睫毛の隙間に点を足していくイメージです。
カラーは黒やこげ茶などの引き締めカラーや、自分の瞳の色に近い色を使うと自然な印象になります。

 

睫毛は扇型にセパレートしよう

アイラインが引けたら、マスカラを使って目の印象を引き出していきましょう。
骨格や顔立ちによってお好みのマスカラの仕上げ方もあると思いますが
扇状に睫毛を広げると目が大きく見え、優しく若々しく見えます。

 

淡いピンク系のカラーも、くぼみ瞼をふんわりと見せるのにおすすめです。
柔らかカラーで若見えさせましょう!