2018/06/22

足が臭う原因は溜まった角質と垢!臭いも角質も意外なセットでスッキリできる裏技ケア!

サンダルを履く季節が近づいてくると、ペディキュアや足の角質のケアなどに
いつも以上に力が入りますね。

お家の中で素足で過ごせる時期がやってくると、足のケアもしやすくなりますが
そんな時に自分の足の臭いが気になる…という女性が増えています。

普段はストッキングや靴下を履いて外出し、帰宅後には室内用の靴下や
スリッパを履いていたので、さほど気にならなかった足の臭いですが
素足で過ごす、または足のケアをする際に臭いに気が付くことも多いのです。

すごく臭っていれば靴を脱いだ時に気がつくのですが、ほんのり臭うので気が付きにくく
入浴後に嗅いでみても微妙に臭いが残っている…なんてことも。

念入りに足を洗っても臭い残りがあるのなら、角質や垢が残っているからかも知れません。

微かな臭いを放置して、後々臭いが悪化してしまっては困るので早めに改善しておきたいですよね。
今回は微妙に臭う足の原因と、簡単にできるセルフケア方法をご紹介します。

 

足の臭いの元は角質と垢

微かに臭ってしまう足の臭い、改善しようと思ったらまずは原因は何だ?となりますよね。
原因を突き止めてこそ対策ができるので、まずはその原因を知ることから始めましょう。

足が微かに臭う原因は、足に残った角質と垢のせいです。
足は靴の中で密閉されているので、意外に大量の汗をかきます。
強い臭いがする場合は、汗が皮膚の常在菌に分解され臭いを発していますが
微妙に臭いが残っている場合は、汗と汚れが混ざった垢や
細かな部分の角質がふやけて、臭いの元になっていることが殆どです。

綺麗にしているつもりの足も、細かな点に気を付けてケアをし直してみましょう。

 

足の臭いを除去する簡単3ステップケア

足の臭いを無くしたい!と思ったら、毎日の足ケアの方法を見直してみましょう。
毎日入浴時に洗ってはいるものの、臭いが残っている場合には取り切れなかった角質や垢を除去する必要があります。

とは言っても、ガリガリゴシゴシと強い力で洗ったり必要以上のケアをするのも角質が厚くなってしまう原因になります。

毎日の足ケアのおすすめは

  1. 毎日たっぷりの泡で優しく洗う
  2. 爪の間や周りの角質や垢を優しく除去する
  3. 指の間や裏の角質を優しく除去する

という3ステップです。
どれも「優しく」というのが足ケアのポイントになります。

優しく垢や角質を除去するってどうやればいいの?という疑問が浮かびませんか。
とっておきの方法があるのでご紹介していきますね。

 

意外なセットが足の毎日ケアに効果的!

足の臭いを除去するための、優しいけれど確実なケア。
ここでおすすめするのは、皆さんが毎日使っているであろう意外なセットです。

それは、『歯磨き粉&歯ブラシ』なんです。

もう少し詳しく言うと、使い古しの柔らかめ~普通の毛質の歯ブラシと粒入りの歯磨き粉です。

このセットが、毎日の足の臭いケアにとっても便利なのです。

 

歯磨き粉と歯ブラシで足の隅々まで優しく綺麗に!


使い古しの歯ブラシと粒入りの歯磨き粉を用意したら
いつも通りに入浴して足を洗いましょう。

そのあと、歯ブラシに歯磨き粉をのせて足の指の隙間や爪の間を優しくブラッシングします。
泡が残ってる時でもOKだし、泡を洗い流してからでもOKです。

泡だけでは取り払えなかった爪の垢も、歯ブラシで優しく取り除け
歯磨き粉の粒は、柔らかめのスクラブ剤の代わりをしてくれるので
たったこれだけで、普段は除去しきれなかった細かな部分の汚れを優しく取り除くことができます。

ちょっと意外な方法ですが、足の肌を傷つけにくく
必要以上の刺激を与えて角質が厚くなるのも防げるという裏技的ケアです。

スクラブを買うよりも経済的なので、是非お試しください。