2018/08/07

濃く密集した眉の悩みを解消!濃い眉専用の眉カットで簡単にフンワリ眉になろう

眉が濃く、密集している…そんな悩みを持っている人はいませんか?

眉が無いよりはあった方が良いのですが、眉毛の1本1本が太かったり密集している人としては

  • 1本づつが目立つだけに形を整えにくい
  • アイブロウをしても眉だけ主張してしまう
  • 眉マスカラをしてもベタっと着いてしまう
  • 眉頭がしっかりしていてメイクと馴染まない

などなど、眉の印象が強すぎるが故の悩みもありますよね。

キレイに形を整えたつもりでも、やっぱり眉だけ浮いて見える…
どうしたらフンワリした自然な眉になれるの?なんて
しっかりとした眉がコンプレックスになってしまいます。

でも濃く密集したしっかり眉も、ポイントをしっかり守って
眉カットをすることで自然に馴染む眉に仕上げることができますよ。

今回は、太くて密集したしっかり眉を自然なふんわり眉に仕上げる
眉カット方法をご紹介します!

 

基本の眉のバランスをチェックしよう

まずは眉の形造りの基本をおさらいしておきましょう。

  • 眉頭=小鼻の延長線上
  • 眉山=黒目の端から目尻までの間
  • 眉尻=小鼻と目尻を結ぶ延長線上
    または、口角と混じりを結ぶ延長線上
  • 眉下のアーチ=目の輪郭に合わせたカーブ

この基本のバランスを保って眉の形を決めていきます。

顔全体が写る大き目の鏡を用意し、鏡を真正面で観るようにして
アイブロウペンシルで基本の位置にマークを付け
格マークを繋げてアウトラインをとり、眉のガイドライン(完成形)
を描いておきましょう。

眉カット時に迷わず簡単に仕上げられます。

 

眉毛を上下に倒してカットしよう

予め眉の完成形を描いたら、いよいよカットに入りましょう。

眉カットは、しっかり眉さん向けの方法で行います。
ここで用意するのは、眉カット用のハサミとスクリューブラシ、
またはコーム型の眉ブラシです。

眉カットの方法は以下の手順で進めていきましょう。

  1. 眉を毛流れに沿って軽く梳かす
  2. ブラシで眉下から額の方向に眉毛を倒して
    上側のガイドラインから出ている毛をカットする
  3. ブラシで眉上から瞼の方向に眉を倒して
    下側のガイドラインから出ている毛をカットする

ここまで進めると、ボリュームのあった眉毛の印象が
軽くスッキリしてきます。

次は鏡を見ながら、ガイドラインより外側の眉を処理しましょう。

 

ガイドライン外側のムダ毛の処理

眉の長さをカットしてスッキリした印象になったら
ガイドラインの外側のムダ毛に当たる毛を処理していきましょう。

眉上のガイドライン外側の毛は、1本の処理だけでも眉の印象を左右することがあるので
毛抜きではなくシェーバーや眉用ハサミで処理しましょう。
眉下のガイドライン外の毛は毛抜きでもOKです。

 

フンワリ自然に魅せる隠し技!眉頭を短くカット!

ガイドラインのムダ毛の処理が終わったら、
いよいよしっかり眉をフンワリとした自然な印象に仕上げるための
隠し技をしていきましょう!

しっかり眉を自然に魅せるポイントは、眉頭にあります。

鏡をチェックしながら、慎重に眉頭の始まり部分から5㎜ほどの毛を短くしましょう。
眉の中間部分となだらかに繋がるように慎重にカットしてみて下さい。

眉頭の約5㎜を中間部分より短くすることで、眉の印象を薄めることができ
眉が主張しにくく自然な印象になります。

アイブロウ時にも、眉頭が薄く眉尻に向かって濃く自然に仕上げることができるので
メイクと馴染みやすく、アイブロウマスカラもベタ着きしにくくなります。

 

アイブロウはメインにパウダーを使い、
眉頭の5㎜部分はブラシに残ったパウダーをサッとのせる程度でOKです。
毛が足りない部分だけをペンシルで描き足すようにすると、柔らかく自然に仕上げられます。

憧れの自然なフンワリ眉で、優しい印象を作りましょう!