2018/08/13

夏に体が浮腫む、お腹が緩くなるのは「夏冷え」かも!油断できない夏冷えの原因と予防方法

夏になると普段以上に足のむくみを感じたり、気が付くとお腹が緩くなってしまったり
足先がジンジンするなどの症状を感じる女性はいませんか?
その症状は、夏特有の『夏冷え』の可能性が大です。

冷えは女性の大敵ともいわれますが、本当に冷えからくる症状はたくさんあって
あれもこれも、冷え対策をしてみたら改善した!という事が多いんですよ。

冬場の冷えよりも「うっかり」と体を冷やしてしまうことの多い夏、
冷え対策をしっかりして体の不調を改善して行きませんか。

油断できない夏冷えの原因と対策をご紹介します。

 

夏冷えをしてしまう原因

夏の体の冷えは、冬の冷えよりも厄介です。
外気や室温の暑さ対策として行っている様々な行動が、体の芯まで冷やしてしまい
暑さ対策を通り越し、体の冷えを助長してしまうこともあるんです。

夏に良くしがちな体の冷えの原因をチェックしてみましょう。
あ~、これやってるな…と思う行動がいくつかあるかも知れません。

  • エアコンの温度設定を低く設定し直す
  • 氷を入れて冷やした飲み物ばかり飲みがち
  • アイスや冷たいメニューの食事を摂りがち
  • ショートパンツやハーフパンツなどの部屋着を着ている
  • 入浴は湯船に浸かる時間が少ないか、シャワーで済ませている

これらの行動は、体の内側と外側の両面から冷えを進行させてしまうのです。
とは言っても、湿気が多くジメッとした夏にはよくやってしまう行動ですよね。

 

夏冷えでどんな症状が起こるの?

先ほどの冷えを助長してしまう行動は、日本の夏特有の過ごし方といっても良いほど
殆どの人が普通にしている行動ともいえますが、そんな行動から夏冷えになってしまうと
次のような症状が現れるます。

  • 肩やお腹が冷たくなる
  • 脹脛がジンジンした感覚になる(浮腫み)
  • お腹が緩くなったり下痢を起こす
  • 肩こりや頭痛が増す
  • 二の腕が常に冷たくチクチクする感覚がする
  • 食欲が低下する
  • 目の下にクマができる、クマが目立つようになる
  • 倦怠感
  • 集中力の低下
  • 寝つきが悪くなる、または不眠気味になる

結構たくさんの冷えから起こる症状がありますよね。
いくつか当てはまる症状がある場合は、かなり夏冷えが進行している可能性があります。

夏冷えの改善や予防方法を実践して、体調を戻していくように心掛けてみましょう。

 

夏冷えの予防や改善対策を生活に取り入れよう

夏冷えを改善、予防する方法を日常的に取り入れて、体の冷えを防いでいきましょう。
衣食住のポイントでおすすめの夏冷え対策をご紹介します。

夏こそ入浴で体を温める

夏にしがちな行動はもちろん、外出先でもエアコンに当たることの多い日々で
体の芯まで冷えてしまいます。

毎日ではなくても2日に一度ぐらいは湯船に浸かり、半身浴をして体の芯を温めましょう。

 

体を温める食材や、体温以上の温度の食事を摂る

夏冷えの特徴の一つとして、内臓の冷えが挙げられます。
食事には体を温める作用のある食材を取り入れたり、
体温以上の温度のメニューにして内臓を温めるように心掛けましょう。

体を温める作用がある食材は

  • 野菜=人参・かぼちゃ・玉ねぎ・山芋・生姜・ニンニク
  • 肉・魚類=鶏肉・鮭・鯖・タラ
  • 調味料・香辛料=味噌・コショウ・シナモン

などが挙げられます。
毎日の食事のメニューに活用していきましょう。

 

エアコンの設定温度は28度前後にし、扇風機を活用

エアコンの温度設定を28℃程度にし、扇風機で冷風を室内に循環させると
涼しい上に体の冷えを防ぐことができます。

 

美肌も夏冷えを防いでこそ実現できる!

夏冷えをすると体調だけでなく、ターンオバーが乱れてしまい肌のトラブルも出るので油断大敵です。
少しの注意と工夫で夏冷えを防ぎ、体調も美肌もしっかりと維持して行きましょう。